新栗の仕込み

新栗の仕込みが始まりました

竹風堂が最もこだわる「新栗の仕込み」が今年も始まりました。

 

祈りをこめて新栗を仕込む

新栗の仕込みがはじまりました

創業以来、太平洋戦争中を除き、百回を超える新栗仕込みの季節が、今年もやってきました。

「自分のところで使う栗原料は、自分の手で仕込む」

これが、良い栗菓子をつくる前提条件。一貫して変わらぬ竹風堂の基本方針です。

これを可能にしているのが、国産栗にこだわり、毎年500トンもの優良生栗を提供してくれる生産農家の人たち。そして生栗の皮をひとつひとつ包丁で手ムキをしてくれる大勢の人たちと一緒に築き上げてきたネットワークの、ゆるぎない信頼関係の存在です。

この時期だけフル稼働する仕込み専用工場では、それぞれの用途別に、一粒たりともゆるがせにせず、一年分の生栗を半加工する仕込みに集中します。

ここで確保された大量の栗原料の品質の良否が、以後の一年にわたる栗菓子の味を決定づけてしまうのです。

 

今年の栗の作柄は、ほぼ十日の遅れ。
この仕込み作業のメドがつく、10月10日頃から直営店での定食や折詰のお持ち帰り栗おこわを新栗でご提供できる予定です。
旬の風味豊かな味わいをお楽しみください!

直営各店にてお待ちしております。

⇒『お店のご案内』はこちら

 

栗おこわ定食

【山家定食】
栗おこわに、虹鱒甘露煮、山菜煮物など、
山野の幸をあつめたお食事。

栗おこわ 折詰

【栗おこわ 折詰】
直営各店でお求めいただけます。
蒸したてをお詰めしています。
日持ちは当日限りです。